ニコレットの使い方を伝授

塗装現場の喫煙事情と10ヶ月目の山場とニコレット

塗装を行う現場と言うのは揮発性の塗料を使う事、シンナーなどの溶剤を使うなどの理由からも火気厳禁となっており、作業中は勿論の事、所定の場所以外では禁煙にしておく必要が在ります。
尚、塗装に利用する塗料には、そのまま塗装が出来る塗料も在れば、水もしくはシンナーの何れかを混ぜて使う塗料も在りますが、水を薄めて使う塗料でも火気厳禁と言った事は守る事が大切であり、仕事場などでは喫煙を行う事が出来る場所を設けて休憩時間などに喫煙をすることになります。
尚、オフィスの中では火気厳禁と言う事は在りませんが、分煙化が進められている事からも、自分の席で煙草を吸いながら仕事をすると言った事が出来なくなっている会社が多く在りますが、席で煙草を吸えなくても、喫煙所が設けられている為、煙草を吸いたくなった時は席を離れて喫煙所に行って一服をすると言うケースが多く在ります。

しかしながら、仕事中の喫煙所通いと言うのは仕事の効率を下げるとして、会社の中には決められた時間しか煙草を吸えない環境になっている事も在り、これをきっかけに煙草を止めようと考える人もいます。
また、煙草は税金が上がることで煙草代もアップしており、経済的な理由で電子タバコを併用する人もいますし、電子タバコは煙が出ないと言っても、席で利用するわけにはいかないため、煙草を止めたいと考えるケースが多いわけです。
禁煙を開始して10ヶ月も経過すると、煙草に対する欲求は無くなるようにイメージされる人も多いのですが、禁煙して10ヶ月目と言うのは、ちょっとした事で1本を吸ってしまうと言うケースが多くと言われており注意が必要です。
尚、禁煙をする時にニコレットを利用する人もいますが、ニコレットは3ヶ月などを目安にして使用することが推奨されている禁煙補助剤です。