ニコレットの使い方を伝授

ニコチンを含まないチャンピックスで禁煙が可能に

火のついているたばこ

チャンピックスは禁煙したい人のために用意された医療用医薬品で、ニコチンを使用していない飲み薬のひとつとなります。
これまで禁煙と言えば、タバコを吸うことを我慢する精神的な忍耐力と、禁煙補助剤によってニコチンを代替補給するかの2つでしたが、チャンピックスはニコチンを補給せずに喫煙への欲求を抑えることができる治療薬となります。
タバコを吸うと、体内に入った煙からニコチンが血液へと溶け出し、脳にあるニコチン受容体に結合します。
脳へ到達するまでの時間は10秒もかからず、ニコチンが受容体に刺激を与えることで、気分を高揚させたり、落ち着かせるための神経伝達物質であるドーパミンを放出させます。
これによってタバコを吸った時に落ち着くような気分になりますが、ニコチンは30分~1時間程度で剥がれ落ちるため、再びタバコを吸いたいという欲求に駆られます。
これを繰り返すのがニコチン依存症なのですが、チャンピックスの有効成分であるバレニクリンは、ニコチンの代わりに受容体に取り付くことができ、さらに微妙な刺激を与えることでドーパミンを放出させる働きを持っています。
結合半減期も24時間と長く、ニコチン受容体に長く取り付くためニコチンが結合できず、タバコを吸っても満足感を得られなくなります。
この仕組みによってタバコを美味しいとは感じられずに、自然と離れることができ、タバコを吸わなくても離脱症状を抑えることもできます。
これまでニコチンを含んだ置換療法では、ニコチン依存症そのものを解決することはできませんでしたが、チャンピックスはニコチンを使用しないことから関わりを断つことができ、依存症から離れることができるのが強みとなっています。